仙台空港の魅力とは?

仙台空港の魅力とは?

今回は、仙台空港の魅力についてお話してみようと思います。

なぜ、仙台空港なのかというと、私が2017年にSFC修行をした際に、もっとも利用した空港だったからです。

仙台空港の概要

仙台空港は、国管理から始めて民営化された第1号の空港です。運営会社は、「仙台国際空港株式会社」です。東急グループ・前田建設・豊田通商の企業連合で設立されました。

正式名称が「仙台空港」で、愛称が「仙台国際空港」です。
宮城県名取市、岩沼市にある空港で、実は仙台市にないんです。

滑走路

A滑走路1,200mとB滑走路3,000mの2本。
2本の滑走路が「y」の字型に交わっています。

利用客数

アクセス

仙台空港駅からJR仙台駅へは仙台空港鉄道が直通運転を行っており所要時間は25分(快速17分)です。

ラウンジ

仙台空港には、ビジネスラウンジ EastSide
が、保安検査場通過前にあります。

営業時間は 7:30〜20:30です。

クレジットカード(ゴールドカードなど対象カード)を持っていて当日航空機に搭乗の方は無料(1時間、JCBのみ無制限)で利用できます。 また、クレジットカード(ゴールドカードなど対象カード)を持っていない方でも(当日航空機に搭乗)は、利用料金1,080円(1時間)で使えます。

座席は、35席で少し狭いですが、場所がちょっと奥にあり、利用者は少なめなのでゆっくり寛ぐことができます。
また、パソコンブース、無線LAN、ソフトドリンクは飲み放題、カラーコピー・FAX(有料)、喫煙ルームがあります。

私は、SFCを取る前に、プレミアムクラスじゃないときは、こちらのラウンジを使わせてもらっていました。

また、航空会社ラウンジは、国内線保安検査場通過後にあります。

◼️ANAラウンジ
入室条件は、ANAプラチナ、ダイヤモンド、スターアライアンスゴールド、SFC会員とその同行者1名、プレミアムクラス搭乗者です。
ブロンズメンバーも2,000マイルで入室できます。

営業時間は、6:30〜最終便出発までです。

ソフトドリンク、アルコール類、新聞、雑誌のサービスがあります。
設備は、電話、ブロードバンド無線LANサービス、プリントサービス、トイレです。

全席禁煙です。喫煙スペースはありません。

◼️JAL サクララウンジ
営業時間は、6:20〜最終便出発までです。ソフトドリンク、アルコール類、おつまみ、新聞、雑誌のサービスがあります。

まとめ

仙台空港の良さは.間違いなくコンパクトな移動導線に尽きると思います。

保安検査場から搭乗ゲートまでの移動距離が短くラウンジ、売店も近く非常に使いやすい空港です。

SFC修行で仙台空港を拠点とされる方はもちろん、他の空港から来られる方も使いやすい空港だと思ってもらえると思います。

是非、ご参考ください。