SFC修行で参考に!プレミアムポイント単価(PP単価)とは?

SFC修行で参考に!プレミアムポイント単価(PP単価)とは?





初心者向け「ANAマイルの貯め方」はこちら
初心者向け「SFC修行の始め方」はこちら
初心者向け「ポイントサイトの使い方」はこちら

今回はSFC修行で覚えておいたほうがいい「プレミアムポイント単価(PP単価)」についてお話します。

SFC修行を決意し、SFC修行のことをインターネットなどで調べ始めると、「PP単価」という言葉を目にすることが増えると思います。

そんな「PP単価」について今回はお話しします。



SFC修行のコストを抑えたい

SFC修行でチケットを買う

SFC修行を始めるにあたり、かける時間、コスト、登場回数、国内・海外などその工程は、皆さんそれぞれ違うと思います。それぞれの方がそれぞれの価値観の中で、SFCの発行資格を得るために飛行機に乗っていると思います。

私の場合は、一般サラリーマンであまりコストをかけられず、できるだけ安くSFC修行をしたいと考えていました。

そのためにマイルを貯めて、SKYコインに替えて有償でANAに搭乗し、プレミアムポイントを貯めていました。

SFC修行の効率を意識する

SFC修行は、プラチナステータスの条件である50,000プレミアムポイントを貯めることです。

50,000プレミアムポイント分のチケットを有償で購入して搭乗することが条件です。

SFC修行を効率よく敢行したいと考えていた私は、いかに安く50,000プレミアムポイントを稼ぐかを考えて、貯めたマイルからSKYコインに変えて、チケットを購入していました。

チケットは買う種類によって値段と貯まるプレミアムポイントが変わってきます。

どれだけ効率よくSFC修行をできたかの指標が必要

50,000プレミアムポイントを貯めるためにチケットを買うわけですが、いかに安く抑えてSFC修行をするかが私のテーマでした。

いろいろと安いチケットを探しては、「貯まるプレミアムポイントはどれだけか」ということを調べながらチケットを購入していました。

50,000プレミアムポイントに達するまで何回もチケットを買うわけですが、そのチケットがお得かどうかの判断がよくわからない。

そこでインターネットに出ていたものがプレミアムポイント単価(PP単価)という指標でした。

プレミアムポイントを1ポイント貯めるために必要な費用はいくらかということです。

PP単価

考え方

1プレミアムポイントを貯めるために必要な値段のことをPP単価と呼びます。

基本的には航空券のチケット代とそれで貯まるプレミアムポイントを見て計算します。

PP単価の考え方の中には、自宅から空港まで行くコストや宿泊代、飲食代も計算に入れている方も多くいらっしゃいますが、これは個人の事情に大きく左右されるので基本的には航空券のチケット代だけで計算します。

PP単価の基準

SFC修行をする中でPPポイントが10円を基準に考えることが多いです。

よく言われているのは、PP単価が10円で効率がいい、9円以下ですごく効率がいい、11円以上で普通と言われています。

ただ、これは個人のSFC修行のスタンスによるので、このPP単価の考え方だけでSFC修行をすることが全てではありません。

私はいかにコストを下げるかということを考えていたのでこの考え方でSFC修行をしていました。

PP単価

11円以上⇒普通

10円=効率が良い

9円以下=とても効率が良い

50,000プレミアムポイントを貯めるために必要な金額は?

SFCの取得条件は、ステータスがプラチナ以上ですので、50,000プレミアムポイントを貯める必要があります。

先程のPP単価の機銃で見てみると、仮にPP単価が10円の場合ですと、SFC修行では、50万円分の航空券を買って修行をしたことになります。

もしお得なチケットを買うことができて、PP単価が8円で修行した場合だととかかった費用は40万円となります。逆にPP単価が15円で修行したら75万円かかったということになります。

下の表の通り、PP単価が1円上下するだけで5万円変わってきます。

いかにPP単価を下げる事ができるかで、効率よくSFC修行をする事ができます。

平均PP単価で変わるSFC修行完遂に必要費用
5円=25万円
6円=30万円
7円=35万円
8円=40万円
9円=45万円
10円=50万円
11円=55万円
12円=60万円
13円=65万円
14円=70万円
15円=75万円

 

計算方法

プレミアムポイント単価(PP単価)=航空券のチケット代÷プレミアムポイント

計算例

例として仙台発着で便数の多い仙台-伊丹を見てみましょう!
これはある日の仙台ー伊丹のプレミアムクラスの運賃表です。

◼️プレミアム運賃(運賃1)
44,490円÷1,588プレミアムポイント=28.0円(PP単価)

◼️バリュープレミアム3(運賃2)
39,290円÷1,390プレミアムポイント=28.3円(PP単価)

◼️スーパーバリュープレミアム28(運賃2)
22,290円÷1,390プレミアムポイント=16.0(PP単価)

◼️プレミアム株主優待割引(運賃2)
24,690円÷1,390プレミアムポイント=17.8(PP単価)

伊丹で見てみると、この日のプレミアムクラスの運賃だと、「スーパーバリュープレミアム28」で買うチケットが1番PP単価が良くこの中では1番効率が良いのです。

しかし、先ほどのPP単価基準からすると、そもそも仙台–伊丹のプレミアムクラスは効率はあまり良くないといえます。

次に、仙台–那覇でみてみます。

◼️プレミアム運賃(運賃1)
73,430円÷3,790プレミアムポイント=19.4円(PP単価)

◼️バリュープレミアム3(運賃2)
68,030円÷3,225プレミアムポイント=21.1円(PP単価)

◼️スーパーバリュープレミアム28(運賃2)
35,530円÷3,225プレミアムポイント=11.0円(PP単価)

◼️プレミアム株主優待割引(運賃2)
42,130円÷3,225プレミアムポイント=13.1円(PP単価)

那覇は、スーパーバリュープレミアム28が11.0円で基準の10円に近づいており、1番効率が良いと考えられます。

仙台–那覇は、国内線では、長距離路線で仙台発着のなかでは1番効率が良い路線です。
しかし、この日だけを見てみると1番良いPP単価でも11円と10円を割ることはありません。

他の日でもこんな感じであり、私が出した結論は、

仙台発着だけでは効率よくSFC修行はできない。
→羽田か伊丹を第2拠点空港にして仙台ベースのSFC修行をする

ということでした。

※参考 仙台発着プレミアムポイント一覧表

まとめ

SFC修行は自分の価値観の中で行うものなので必ずPP単価を意識する必要はないと思っています。

私は普通のサラリーマンで仙台在住という条件でSFC修行をしましたので、なかなかPP単価は下がりませんでした。

きっと、羽田や伊丹など便数の多い地域からSFC修行を始めるとより効率良くSFC修行が出来ると思います。

そんな中で私は第2拠点空港の設定をして仙台発着でのSFC修行を完遂しました。

少しでも安く完遂したいと思われている方がいらっしゃったら1つの基準として参考にしてくだされば幸いです。

初心者向け「ANAマイルの貯め方」はこちら
初心者向け「SFC修行の始め方」はこちら
初心者向け「ポイントサイトの使い方」はこちら