「航空会社ラウンジ」と「カードラウンジ」の違いとは?

「航空会社ラウンジ」と「カードラウンジ」の違いとは?





今回は、空港にある2つのラウンジについてお話しします。 今回は国内線編です。

私がSFC修行をするきっかけの一つが

「空港にあるラウンジを使いたい!」

ということでした。

私が利用したかった「ラウンジ」というのは、航空会社が運営する「ANAラウンジ」です。

ラウンジでビールを飲んで、おつまみを食べて、ゆっくりくつろいで、ネットをしながら搭乗を待つ。

そんな素晴らしいラウンジを飛行機に乗るときはいつでも使いたいと思い SFC修行を敢行しました。

もしかすると、クレジットカードのゴールドをお持ちの方は、ラウンジなら自分のカードでも入れるよ!と思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

しかし、クレジットカードのゴールドでは、「ANA ラウンジ」には入ることが出来ないのです。
クレジットカードのゴールドで入れるのはクレジットカード会社が運営する「クレジット カード(有料)ラウンジ」です。

空港ラウンジには大きく 2 種類あるのです。

私が利用したいと思ったのは、ANA ラウンジなどの「航空会社ラウンジ」です。

クレジットカードのゴールドカードで使えるのが「クレジットカード会社(有料)ラウンジ」です。

クレジットカードのゴールドカードでは ANA ラウンジには入れません。

それではどのような違いがあるのか見ていきましょう。




空港ラウンジとは?

そもそも、空港ラウンジとは、飛行機に乗る前や降りた後に対象者限定のみが利用出来る特別な待合室です。

対象者は、航空会社の上級会員やクレジットカードのゴールドカード所持者、または数千円入室料を支払えば利用することができるなど、入るラウンジによって対象者が異なります。

空港ラウンジでは、主に下記のようなサービスを受けることができます。

寛げる空間の提供
ソフトドリンクの無料提供
お酒の無料提供
おつまみの提供
新聞・雑誌
コピー・FAXサービス
シャワーの提供
Wi-Fi、電源コンセントの提供
専用のトイレ

しかし、これらのサービスを全てのラウンジで使えるのではなく、入るラウンジによってサービス内容が異なります。

大きく分けると2つに分けることができる空港ラウンジ。

それでは、それぞれの大きな違いをみていきましょう!

カード会社ラウンジ

主にクレジットカードのゴールドカード以上の方が利用できるラウンジです。
利用する航空会社に関係なく、対象者の方が利用することができます。
また、クレジットカードのゴールドカードを持っていなくても1,000円程度の入室料を支払えば入室することができます。

対象者
・クレジットカードゴールド以上の保有者
・1,000〜2,000円程度の入室料を支払った方
(詳細は各ラウンジによって異なります。)

ラウンジの場所
保安検査場より手前にあります。
飛行機に乗る際は、保安検査場を通過してから搭乗口に向かうため、余裕を持ってラウンジをでなければなりません。

サービス内容
ソフトドリンク
アルコール(有料)
雑誌・新聞
コピー・FAX(有料)
Wi-Fi
(詳細は各ラウンジによって異なります。)

雰囲気
こじんまりしているラウンジが多く、航空会社に関係なく対象者で航空券を持っている方なら誰でも利用できるため利用者が多いのでゴミゴミしている感じがあります。
ソフトドリンクのみが飲み放題でアルコールの提供もありますが有料となっています。
搭乗前に保安検査場も通過しなければいけないので、ゆっくり寛ぐには少し物足りなさがあります。

新千歳空港のスーパーラウンジは広くて使いやすいです。また、セントレアのプレミアムラウンジはアルコール類も飲み放題です。

航空会社ラウンジ

各航空会社が自社の上級会員向けに提供しているラウンジです。アライアンスの上級会員も利用することができます。
基本的には上記の方とその同行者の方のみが利用でき、一般の方は入室だきません。

対象者
・航空会社の上級会員
・アライアンスの上級会員

ラウンジの場所
保安検査場を通過した搭乗口前にあります。

サービス内容
ソフトドリンク
アルコール
おつまみ
雑誌・新聞
コピー・FAX(有料)
Wi-Fi
専用トイレ
(詳細は各ラウンジによって異なります。)

雰囲気
それぞれの航空会社専用のラウンジで上級会員のみが入れるため、比較的ゆったりと利用することができます。また、アルコール類も飲み放題のため、お酒好きの方にはたまらない空間です。
大量だったり、匂いが強いものは流石に嫌がられますが、少しなら持ち込みもできるラウンジが多いので、ご当地の名物を片手にビールを飲むということもできます。利用する方が限られているので全体的に落ち着いていて清潔です。

ANA ラウンジ

ANA ラウンジは、その名前の通り航空会社の ANA が運営する航空会社ラウンジです。

入室条件

・ANA マイレージクラブのプレミアムメンバー(プラチナ以上)
プラチナ以上の上級会員でいる限り、ANA ラウンジを利用することが出来ます。しかし、 プレミアムメンバーの資格は 1 年毎に見直されるのでずっと入れるというわけではありま せん。同行者も1名入れます。

・SFC ホルダーになる
SFC を持っている限り、ANA 便搭乗時、ずっと ANA ラウンジを利用することが出来ます。 同行者も 1 名入れます。
「みんなが欲しがるSFCの特典」はこちら
「SFC修行の始め方」はこちら

・プレミアムクラスに搭乗する 国内線のアッパークラス「プレミアムクラス」に搭乗する際のみ、ANA ラウンジを利用す ることが出来ます。同行者も 1 名入れます。

・ANA カードでプラチナカードを作る
ANAカードのゴールドカードよりさらに上の「プラチナカード」を作ると国内線のANAラウンジを利用することができます。 プラチナカードは年会費が非常に高いですが飛行機を頻度高く利用される方にとっては非 常に便利なカードです。
「ANA カードの種類」はこちら

・スターアライアンスゴールドメンバーになる
上記の資格以外にも、スターアライアンスのゴールドメンバーのANAラウンジを使うこと が出来ます。

スターアライアンスに加盟している他の海外の航空会社の上級会員になればマイルプログラムによって「スターアライアンスゴールドメンバー」与えられます。ANAのプラチナ以上もスターアライアンスのゴールドメンバーです。

・ANA ミリオンマイラーになる
ANAミリオンマイラーになれば一生涯ANAラウンジを使用することができます。しかし、100万マイル以上を飛行機に乗る必要がある為、なかなかミリオンマイラーになるのは難しいと思います。

・現金で支払う
羽田空港の国内線のみ 3,100 円(税込)を支払うことで ANAラウンジを利用することができます。

サービス内容

ソフトドリンク、アルコール、おつまみなどが無料。新聞・雑誌・コピー・FAX、Wi-Fi 利用可。空港によってはシャワーも使えます。(成田空港)

国内 ANA ラウンジ設置空港

羽田空港、成田空港(国際線アライバルラウンジ)、新千歳空港、仙台空港、小松空港、中部国際空港(セントレアエアラインラウンジ)、伊丹空港、関西国際空港、岡山空港、広島 空港、松山空港、福岡空港、熊本空港、宮崎空港(ラウンジ大淀)鹿児島空港、那覇空港

まとめ

航空会社ラウンジとクレジット会社ラウンジは、サービス内容が大きく違います。

航空会社ラウンジに入るためには航空会社の上級会員になる必要があります。 そのために、私は、SFC修行を敢行しました。

みなさんもぜひ航空会社の上級会員を目指して、優雅な空港の過ごし方をしてみませんか?

「SFC 修行の始め方」はこちら