ANA カードを作るメリットとは?ANA カードの種類

ANA カードを作るメリットとは?ANA カードの種類





今回は、ANAカードのメリットについてお話します。

ANAマイレージクラブに入会する際に、クレジット機能を付けるかつけないかで悩まれた方もいらっしゃるかもしれません。

もし、SFC修行をする際にマイルをSKYコインに換えて、航空券のチケット代に当てようとお考えでしたら、クレジット機能を付けた方がいいのではないかなと思います。

ANAカードなら通常のフライトマイルに加えてANA に搭乗する毎にボーナスマイルを加算してくれます。

加算率は作るカードによって異なりますが、クレジット機能の無いマイレージカードに積算されるマイルに最大 50%追加で積算されます。

より速くマイルを貯めてSFC修行に使いたい方やSFC 修行をされない方でも特典航空券に換えて各地に旅行に行きたい方は、ANA カードを作ることをお勧めします。




ANAカードとは

ANAカードは、ANA が各種カード発行会社と提携して ANAマイレージクラブ会員向けに提供しているクレジットカードです。

通常のクレジットカードと違うのは、クレジットカード会社のポイントプログラムとは別に、飛行機に乗った時、買い物をした時などに ANA マイルを貯めることができます。

メリット

もちろん各種カード発行会社が提供するサービスを受けることができます。(カード会社のルールに準じます。)

それ以外に「ANAカード」を作るメリットがあります。

ANAカードを使うをマイルを貯めるペースが速くなります。下記のような内容でANAカードを持っていない方よりもプラスでマイルが貯まります。

入会・継続ボーナスマイル

ANAカード入会時に最大10,000マイルのボーナスマイルが貰えます。また、毎年カードの年会費を払うたびに最大 10,000マイルのボーナスマイルが貰えます。

ANA 一般カード:1,000 マイル (入会時/更新時)
ANA ゴールドカード:2,000 マイル(入会時/更新時) ANA プレミアムカード:10,000 マイル(入会時/更新時)

搭乗ボーナスマイル

ANAカードを持っていると通常のフライトマイルに加えて、追加でボーナスマイルを貰うことができます。
通常貰えるマイルの10%~最大 50%分を追加で貰うことが出来ます。

ANAカードマイルプラス

ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードで支払いをするとクレジットカード会社のポイントとは別に、さらに100円または 200 円(税込)毎に1マイルが貯まります。

ポイントをマイルに移行する

ANAカードの支払いで貯まったクレジットカード会社のポイントを ANAマイルに移行することができます。しかもワイドゴールドカード、ANA ダイナーズカード、ANA アメリカンエキスプレスゴールドカード、ANAカードプレミアムは、移行手数料も無料です。

電子マネー

ANA カード一体型の楽天 Edyで支払いをすると 200 円(税込)につき 1 マイル貯まります。

また、ボーナスマイルとは別に下記の各種割引サービスもあるので更にお得ですね。

ANA カードで割引サービスを受けられます。

【10%割引】
・空港内店舗「ANA FESTA」
・機内販売
・ANAグループ空港免税店 (ワイド、ゴールド、プレミアム限定)
・高島屋 SHILL&ANA (ワイド、ゴールド、プレミアム限定)

【会員専用割引運賃】
・ビジネスきっぷ

SKY コインへの交換レート優遇

そして SFC 修行をされている方へのメリットとして

マイルからSKYコインへの交換レートの優遇があります。 クレジット機能の無い方に比べてレートが変わってきます。

詳しくは、「SKYコイン」

ANA カードの種類

ANAカードの種類は、カード会社のブランドごとに分けることができます。

ANA VISA カード

国際ブランド VISA がついた三井住友カードです。

他:
・ANA VISA Suica カード
・ANA VISA プラチナ プレミアムカード
・ANA VISA nimoca カード

ANA マスターカード

国際ブランド MasterCard がついた三井住友カードです。

他:
・ANA TOP&ClubQ マスターカード

ANA JCB カード

国際ブランド JCB がついたジェーシービーカードです。

他:
・ANA JCB Platinum プレミアムカード
・ANA JCB カード ZERO
・ANA To Me CARD PASMA JCB

ANA ダイナーズカード

国際ブランド Diners Club がついた三井住友トラストクラブのカードです。

他:
・ANA ダイナーズプレミアムカード

ANA アメリカン・エキスプレス・カード

国際ブランドAMERICAN EXPRESSがついたアメリカン・エキスプレス・カード・インターナショナルのカードです。

他:
・ANA アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

ANA カードのグレード

先ほどは各クレジットカード会社が発行するANA カードを見てきましたが、それぞれのクレジットカード会社の ANAカードには、更にカードのグレードによって分けられています。

※カード会社によって一部発行していないグレードもあります。

一般カード

クレジットカードの機能は、各クレジットカード会社の基準に準じています。

ANAカードとしては、
・入会時、継続時にボーナス1,000マイル
・ANA便名で搭乗した際に、ボーナスとして区間基本マイレージの10%のマイルを付与
・クレジットカード会社のポイントを1,000円分当たり5マイルで上限なく移行。
・年回移行手数料を支払う1,000円分当たり10マイルで移行できます。
・ANAカードマイルプラスで、クレジットカード会社のポイントとは別に100円当たり1マイル付与
・マイルから SKY コインへの交換レート優遇
「SKY コイン」はこちらから
・国内航空傷害保険・海外旅行傷害保険を自動付帯

ワイドカード・ワイドゴールドカード・ダイナーズカード

クレジットカードの機能としては各クレジットカード会社が発行する、一般カード、ゴールドカードに準じます。ワイドカードの特徴は、上の一般カードの特徴に加えて下記の通りです。

・入会時、継続時にボーナス 2,000 マイル
・ANA 便名で搭乗するとボーナスとして区間基本マイルの 25%を付与 ・国内航空傷害保険・海外旅行傷害保険の補償限度額をアップ
・ANA 国際線利用時にビジネスクラス用チェックインカウンターを利用することができます。
・ワイドゴールドカード・ダイナーズカードは、カードマイレージサービスの移行費用が無料

プレミアムカード

クレジットカードの機能としては各クレジットカード会社が発行する、プラチナカード(ダイナーズはプレミアムカード)に準じます。プレミアムカードの特徴は、上のワイドゴールドカードの特徴に加えて下記の通りです。

・入会時、継続時にボーナス10,000マイル
・ANA 便名で搭乗するとボーナスとして区間基本マイルの50%を付与
・ANA航空券や機内販売等をプレミアムカードで支払うと100円につき2マイルが自動積算されます。
・国内航空傷害保険・海外旅行傷害保険の補償限度額をアップ
・ANA国際線利用時にビジネスクラス用チェックインカウンターを利用することができま す。
・ANA国内空港ラウンジを利用することができます。

スーパーフライヤーズカード(SFC)

SFC 修行をした成果がこのカードとなります。

ワイド・ワイドコールドカード・プレミアムカードと同等の機能の他、下記の特徴があります。

・スターアライアンスゴールドメンバーの資格が付帯 ・ANA便名で搭乗時にボーナス35~50%のマイルを付与

その他、SFC のサービスを受けることができます。
詳しくは、「SFC カードの魅力」とは

その他のカード

ANAカード以外にANAマイレージクラブと提携しているカードがあります。
こちらは、上記の特典とは異なります。
・ANA VISAプリペイドカード
・ANA JCBプリペイドカード
・ANAマイレージクラブ Financial Pass Visa デビットカード
・楽天 ANA マイレージカード
・【JCB ORIGINAL SERIES】JCB カード/プラス ANA マイレージクラブ
・みずほマイレージクラブカード/ANA
・ヤマダ LABI ANA マイレージクラブカード
・PiPuCa ANA マイレージクラブカード
・JR タワースクエア ANA Kitaca
・JQ SUGOCA ANA
など

ANA カードの作り方

入会時に紹介制度や入会キャンペーンを利用すると入会時からたくさんのマイルを貯める ことができます。

ANA カードの作り方はこちらからどうぞ

まとめ

早くマイルを貯めたい方は、ANAカードを作った方が良いと思います。 自分に合ったカードを決めて申込をしてみましょう!

これからマイルを貯める方はこちら
「ANAマイルの貯め方」

これからSFC修行をする方はこちら
「SFC修行の始め方」