【2019年版】ANAカードの作り方・選び方

【2019年版】ANAカードの作り方・選び方





初心者向け「ANAマイルの貯め方」はこちら
初心者向け「SFC修行の始め方」はこちら
初心者向け「ポイントサイトの使い方」はこちら
ここでは、初心者でも分かる「ANAカードの作り方」をお話します。

ツイッターでブログ更新情報やANA関連の情報をお伝えしています。
よろしければフォローをお願いします。
https://twitter.com/milemilesmile1

SFC修行をする上で、マイルを貯めてそれを修行費用に充てていこうとお考えの方は、ANAカードを作った方が断然いいと思います。

ANAカードを作るだけで、入会ボーナスマイルや毎年継続するだけでボーナスマイルが貰えます。

また、飛行機に搭乗するとANAカードの種別に応じてフライトボーナスマイルが貰えます。

ではどのANAカードを作ればいいのか?

SFC修行や特典航空券にマイルを使いたい場合は、マイルがたくさんマイルが貯まるANAカードを作るべきですし、年会費が気になる方や空港ラウンジなど様々なサービスを受けたいと思ったら、カードの種別で選んだり、受けられるサービスを基準にしてANAカードを選べばいいと思います。

ここでは、それぞれの目的に応じてANAカードを分類しています。

みなさんがANAカードを作る理由と照らし合わせてそれぞれの基準から選んでみてはどうでしょうか。

それぞれの基準をメニューから選んで読んでください!



ANAカードのメリット

まずは、ANAカードをもつメリットを確認しましょう!

ANAカードは、フライトや日常生活の買い物で、効率よくマイルが貯まって旅行関係のサポートも充実しています。

・入会・継続でボーナスマイルが貯まる
・搭乗ボーナスマイルが貯まる
・クレジットカードのポイントをマイルに交換できる
・ANA カードマイルプラスで更にマイルが貯まる
・Edy チャージでマイルが貯まる
・割引サービスがある
・会員専用割引運賃がある
・家族でマイルを貯められる

ANA カードの作り方

まずは、「My友プログラム」に登録しましょう!

どのANAカードを作るにしても初めてANAカードを作る場合、「My友プログラム」という紹介制度を利用するとカードを作る方にマイルが貰えます。

せっかくANAカードを作るなら多くマイルを貰えた方がいいはずです。

お知り合いでANAカードをお持ちに方がいないか探してみましょう!

そして、そのお知り合いにANAカードのサイトから「My友プログラム」に登録をして紹介者IDを教えてもらいましょう。

ANAカード「My友プログラム」 紹介する人もマイルが貰えるので快く快諾してくれると思います!

知り合いで ANAカードをお持ちの方がいらっしゃらない場合は私が紹介者をさせて頂きますのでメッセージを頂ければと思います。

詳しくはこちらから

ANAカードを選ぶ!

次に自分が作るANAカードを決めます。

どのANAカードを作るかは、それぞれの目的や状況によって異なってきます。

あなたがどのANAカードを作ったらいいのかいろいろな基準でご紹介しています。

宜しければ参考にしてみてください。

★カード種別で選ぶ

カード種別で選ぶ場合は、年会費の金額が変わってきますので年会費が気になる方はこちらから選んでみてはいかがでしょうか?

また交通系ICと一体化しているカードもありますので普段電車やバスを使うことが多い方 はこちらから選んでみてはいかがでしょうか?

◼️一般カード

年会費が2,160円程度の一般カードです。
初年度年会費無料のカードが多くあります。

若い方には、5年間年会費が無料というANAカードもあります。

まず初めに試に作ってみようと思った時は、一般カードから選んでみてはいかがですか。

・ANA JCB ZERO カード
18歳~29歳の社会人の方にお得なカードです。入会・継続マイルは貯まりませんが年会費無料。
ポイントからマイルへの交換手数料も無料です。

・ANA JCB 一般カード
ANAカードJCBブランドのベーシックなカードです。

・ANA VISA 一般カード
ANAカードVISAブランドのベーシックなカードです。

・ANA マスターカード 一般カード
ANA カードMasterCardのベーシックなカードです。

・ANA アメリカンエキスプレスカード(一般)
ANAカードアメリカンエキスプレスブランドのベーシックな1枚です。
100円からポイントが貯まり1ポイント1マイルで交換できます。
他の一般カードと比べると年会費は高くなりますが、サービスも充実しています。
私が使っているカードです。
私がANA AMEXを使う理由

◼️交通系IC一体型一般カード

交通系 ICカードと一体化になった ANAカードです。
カードによっては高レートでポイントをANAマイルに交換することも出来ます。

・ANA To Me CARD PASMO JCB
ANAカードとPASMOが1枚になったカードです。
ソラチカカードと言われる陸マイラー必須の1枚です。東京メトロに乗るとメトロポイントが貯まり、それを高いレートでマイルに換えることができます。
また、ポイントサイトなどを使って大量にマイルを貯めることができます。
ポイントサイトの使い方はこちら

・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
ANA カードとPASMOが1枚になったカードです。
東急電鉄に乗ったり、東急百貨店や街の提携店で貯まる TOKYU POINTをANAマイルに交換することができます。

・ANA VISA Suica カード
ANAカードとSuicaが1枚になったカードです。

・ANA VISA nimoca カード
ANAカードとnimocaが1枚になったカードです。
西鉄電車、西鉄バスやnimoca交通事業者への乗車や、nimoca加盟店の利用で、nimocaポイントがたまります。
貯まったポイントはマイルに交換できます。
10nimocaポイント ⇒ 7マイル

◼️ANAワイドカード

ANAワイドカードは、一般カードとゴールドカードとの間にあります。
一般カードと比べて年会費が高いですがフライトボーナスマイルや入会・継続ボーナスマイルが高いなどのメリットがあります。
年会費は、8,000円前後です。

・ANA VISA ワイドカード

・ANA マスター ワイドカード

・ANA JCB ワイドカード

◼️ゴールドカード

年会費が15,120円~と高くなりますが、マイルをたくさん貯めていくにはコスパの良い種別のカードです。

年齢制限もあったりしますが、マイルを積極的に貯めていくのであればこちらの種別がいいのではないかなと思います。

また、この種別のカードは空港ラウンジを無料で使うことが出来ます。
(ANAラウンジは使えません。)

・ANA VISA ワイドゴールドカード
ANAカード VISAブランドのゴールドカードです。
年会費と貯まるマイルの還元率のバランスが良く、マイルを貯めている方が多くこのカードを持っています。

・ANA マスターワイドゴールドカード
ANAカードのMasterCardブランドのゴールドカードです。同じ三井住友カードのため、 基本的には上のVISA と同じです。

・ANA JCB ワイドゴールドカード
ANAカードのJCBブランドのゴールドカードです。

・ANA ダイナーズカード
ANA カードのダイナーズブランドのカードです。
ゴールドカードと名前はつきませんが、 年会費、サービスで行くとダイナーズカードはここの種別に入ります。
年会費は、29,160円と他のゴールドカードよりも高くなっています。

・ANA アメリカンエキスプレスゴールドカード

◼️プレミアム(プラチナ)カード

年会費は 75,000 円~という超高額年会費がかかります。

しかしボーナスマイルやカードの サービスは値段に見合ったものもあります。

ANAラウンジも入れたりします。

カード会社からの案内が無いと作れないカードもあります。

・ANA VISA プラチナ プレミアムカード
ANAカードのVISAブランドのプラチナカードです。 年会費:86,400円

・ANA JCB カードプレミアム
ANAカードのJCBブランドのプラチナカードです。
年会費:75,600円

・ANA ダイナーズプレミアムカード
ANAカードのダイナーズブランドのプラチナカードです。
年会費:167,400円

・ANA アメリカンエキスプレスプレミアムカード
ANAカードのアメリカンエキスプレスのプラチナカードです。
年会費:162,000円

★サービスで選ぶ

カードの使える特典で選ぶという方法もあります。

◼️空港ラウンジを使いたい

・ANA アメリカンエキスプレスカード(一般)
・ANA VISA ワイドゴールドカード
・ANA マスターワイドゴールドカード
・ANA JCB ワイドゴールドカード
・ANA ダイナーズカード
・ANA アメリカンエキスプレスゴールドカード
・ANA VISA プラチナ プレミアムカード
・ANA JCB カードプレミアム
・ANA ダイナーズプレミアムカード
・ANA アメリカンエキスプレスプレミアムカード

◼️ANAラウンジを使いたい

・ANA VISA プラチナ プレミアムカード
・ANA JCB カードプレミアム
・ANA ダイナーズプレミアムカード
・ANA アメリカンエキスプレスプレミアムカード

◼️空港からの宅配を無料にしたい

・ANA アメリカンエキスプレスカード(一般)
・ANA ダイナーズカード
・ANA ダイナーズプレミアムカード
・ANA アメリカンエキスプレスプレミアムカード

★カードブランドで選ぶ

◼️JCB


・ANA JCB カード ZERO
・ANA JCB 一般カード
・ANA To Me CARD PASMO(ソラチカカード)
・ANA JCB ワイドカード
・ANA JCB ワイドゴールドカード
・ANA JCB カードプレミア

◼️VISA


・ANA VISA 一般カード
・ANA VISA Suica カード
・ANA VISA nimoca カード
・ANA VISA ワイドカード
・ANA VISA ワイドゴールドカード
・ANA VISA プラチナプレミアムカード

◼️MasterCard


・ANA マスター 一般カード
・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
・ANA マスター ワイドカード
・ANA マスター ワイドゴールドカード

◼️アメリカンエキスプレス


・ANA アメリカンエキスプレスカード(一般)
・ANA アメリカンエキスプレスゴールドカード
・ANA アメリカンエキスプレスプレミアムカード

◼️ダイナーズクラブ


・ANA ダイナーズカード
・ANA ダイナーズプレミアムカード

★還元率で選ぶ

SFC修行でSKYコインに換えるためにマイルを貯めている場合、また特典航空券に交換するためにマイルを貯めているという場合はこちらの基準でANAカードを選んでみてはいかがですが?

基本的には、カードの種別の順で高還元率となります。

それ以外で高効率なANAカードをご紹介します。

・ANA VISA ワイドゴールドカード

・ANA To Me CARD PASMO JCB

カードの申し込み方法

こちらからどうぞ!

まとめ

ANAカードを持っていると飛行機に乗る時だけでなく、普段の生活でもマイルを貯めることができます。

一気に大量にマイルを貯める!

ということをANAカードだけでできるのは、入会時だけですが、日々の生活の中でコツコツと貯めることが出来るので、家族で貯めると気づいたら結構マイルが貯まっていたということもあります。

マイルを貯める方法はたくさんありますが、意識してマイルを貯めているのであれば ANAカードは作るべきだと思います。

ツイッターでブログ更新情報やANA関連の情報をお伝えしています。
よろしければフォローをお願いします。
https://twitter.com/milemilesmile1

初心者向け「ANAマイルの貯め方」はこちら
初心者向け「SFC修行の始め方」はこちら
初心者向け「ポイントサイトの使い方」はこちら